介護資格は、介護福祉士や介護支援専門員などあります。資格によって業務が違うので、取得を目指す時は調べましょう。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格は複数あります。

介護資格は複数あり、主に介護施設やご自宅を訪問して介護を行う方の資格で多いのは、介護職員初任者研修課程(旧ホームヘルパー2級)や介護福祉士などです。介護職員初任者研修課程は通学や通信を合わせて決められた時間を勉強し、スクーリングに参加が必要で、筆記試験に合格すれば取得ができます。実務経験や長期の学校などでの授業の必要も無く、介護の仕事に付きたい方が取得しやすい資格になっています。介護福祉士は国家資格で介護施設によって、正社員は資格が必須の場合もあります。

他の介護資格には、福祉住環境コーディネーター(1級〜3級)自宅で生活をする方の身体状態に合わせた、住環境を提案して、住宅改修に必要な理由書(2級以上)を書いたりします。福祉用具専門相談員は、多くの介護用品の中からその方が必要としている用具の相談に乗り、福祉用具のレンタルや販売を行います。介護支援専門員(ケアマネージャー)は、基礎職種(医師・看護師・介護福祉士など)を持っていて、実務経験が5年以上の方が受験して、合格後に研修終了をして資格取得になります。

他にも介護資格はありますが、どの資格を目指すにしても、お金や時間がかかります。資格取得を目指す場合は、情報収集をしましょう。