介護資格には介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士、介護支援専門員などがあります

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格の需要について

最近の求人を見ていると、需要の多い介護資格、特に訪問介護の会社の求人を見ていますと、介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)などがあげられます。余談ですが医療系の職場ですと、理学療法士や作業療法士の需要が高いようです。訪問介護の現場ですと、どうしても介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士の資格が必要となるのが特徴で、これらの資格がないと現場に出る事が出来ないので必須の資格になります。難易度としては、介護職員初任者研修<介護福祉士実務者研修<介護福祉士という形で上がっていきますので、まずは、介護職員初任者研修からの資格取得になります。この介護職員初任者研修は訪問介護以外では必須の資格ではないのですか、訪問介護が一般的になりつつある今日では、デイケアのような一箇所に集める介護でも、持っている方のほうが優先的に採用される傾向にあります。ただ、130時間ほどの研修を受けて最後に筆記試験を受け合格しなければなりません。次に介護福祉士実務者研修ですが、こちらは介護職員初任者研修の上位資格になります。実質450時間の授業を受けることになりますが、介護職員初任者研修終了者にはそこから130時間引かれます。また、介護職員初任者研修の時と違い、実技試験が入るのも特徴です。

そして、介護福祉士。この資格は国家資格となり、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修よりも、求人時に優遇されます。他その分、資格取得の難易度も高くなります。取得の方法は2通りあり、1つ目は介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修での実務経験3年以上の受験資格をクリアして受験する場合と、高校や、専門学校、短大や大学などで規定の単位を修得して受験資格得て受験する方法とがあります。もし介護職を狙うのであれば、受験の予定をきちんと立ててから狙うことをお勧めします。