介護のプロフェッショナルといわれる介護資格は、介護福祉士です。この資格を取得すればキャリアップにつながります。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護のプロといわれる介護資格

介護にはたくさんの資格がありますが、介護のプロと認められる介護資格が介護福祉士です。国からも認められる国家資格です。超高齢化社会といわれている現在、介護の需要が増えるとともに介護に関する必要な知識や能力もより高いものを求められています。そのニーズに答えることができる質の高いサービスを提供できるのが介護福祉士と言われています。

介護福祉士の資格を受験するにはまず、介護の実務経験が必ず3年必要となってきます。なぜならば、質の高いサービスを提供するにはまず実務経験が必ず必要となるためです。すでに介護の現場を3年経験していて、さらにキャリアアップしたいという人は介護福祉士の資格を取得することをお勧めします。まだ、3年に満たないという人は、まず現場での経験を3年積むようにして下さい。

介護福祉士の資格を取れば、今後、給料が上がるのはもちろんですが、自分が働いていく上で大きなキャリアアップにつながるといってもよいでしょう。また、現在、介護福祉士は介護の現場で一番、求められている資格です。ですから求人も多く、自分の働きたい条件で働くことも可能となっています。介護の職をするなら取得を目指したい資格の1つでしょう。