介護資格を取得して、介護福祉士になる為に、面接を受けるときは、きちんと志望動機を伝えるようにしましょう。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格を取得したら、面接で志望動機を伝えよう

介護資格を取得して、介護福祉士になりたいと思っても、きちんと就職活動をして、良い施設などに入らなくてはいけません。特に、面接の時には、履歴書にしっかりと志望動機を書きませんと、熱意が伝わりきらずに、面接に落とされてしまう可能性がありますので、注意が必要です。当然ですが、介護職の場合には、その人のスキルや持っている介護資格も大切ですが、何よりも人間性が問われます。ですので、面接を受ける際には、自分がどういう人間なのかというのを、きちんと考えて、口頭でしっかりと説明できるようにしておきましょう。介護福祉士として、一番大切なのが、利用者とどうやって信頼関係を築いていくのかという事です。

介護福祉士の面接は、介護のプロとして、専門的な知識以外に、介護をする側の対応や、接し方、気配りや誠実さといった、人物重視される職業になります。ですので、志望動機を面接の際に伝える時には、介護のプロとして、どうやって働いていきたいのかというのを、具体的なエピソードにして、伝えてみる事をおすすめ致します。持っているスキルや専門的な知識も重要ではありますが、何よりも面接のときは、この人と一緒に働きたいと思わせることが大切です。良い介護福祉士になる為に、面接できちんと志望動機を伝えるようにしましょう。