介護施設で働く際に必要な介護資格ですが、自分がどの立場で働くかを考えて資格を取得しましょう。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格を取得する方法

日本は高齢化社会を迎え、今後数十年の間には超高齢化社会になると言われています。そんな日本において切実な問題が介護の職に就く人が少ないということです。国の介護に関わる人への待遇が悪いため、志を持って大学で、専門学校で勉強をして来たという若者が長く介護職につけないのが現状です。志を持って就いた職業が、いわゆる低所得者層の職業に当たるわけで、若者にとってはやりきれない気持ちにもなりますし、また仕事内容もハードなので身体を壊すという人もいるのが現実です。

現在、国内の介護の問題を海外の人の力を借りて乗り切ろうという取り組みがされています。ただ、外国人で介護をしたいと志を持って来日してくださった方にとっても言葉の壁が有り、日本で活躍するための介護資格を取得するのにはハードルが高いのが現状です。そういった中で、国内で介護の仕事をやろうという人はいます。ヘルパーの資格は長期間の通学が必要ではなく、講義を聞くことで取得ができます。また介護者のケアプランをつくるケアマネージャーも、通学して取得することもできますが、自分で独学で勉強しても取得ができる資格です。介護施設で働こうと思うといろいろと資格が必要なイメージですが、もちろん必要です。ただ、とてつもなく難関資格というわけではないのでチャレンジしてみましょう。