介護資格を習得することで、技術と知識が身に付き、高齢者のための施設で介護に携わる仕事ができます。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格を生かして働く

高齢者のための介護に携わることができ、だれでも受験することのできる介護資格として、介護事務管理士という資格があります。介護事務管理士という資格は、介護保険施設や、有料老人ホーム、デイサービス、グループホームなどでの、介護に対する介護報酬を正しく支払うための介護報酬請求業務や、ケアマネージャーのサポートを行うために必要な知識を身に付けることができます。

介護事務管理士の資格を習得するためには、指定された会場で年六回行われる試験に合格することで資格を得る事ができます。実技試験と学科試験の二つを受け、どちらも70%以上の得点をとらなければ合格にはなりません。また、自分で勉強して指定された会場にて試験を受ける他に、介護事務管理士の資格を習得することのできる通信教育もあり、仕事や家事で忙しい女性などに人気があり、仕事や家事の合間に効率よく勉強することができるだけでなく、通信教育では修了認定証がもらえたり、自宅で介護事務管理士の試験を受験することのできるため人気があります。介護事務管理士の資格をもってなくても、働くことはできますが、資格をもっていることで自信がつき、即戦力のある業務を行うことができます。

サイトリンク