初めて介護職に就くという人にお勧めの介護資格は、介護職員初任者研修です。取得しやすい資格の1つです。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

初めて介護職に就くときのお勧めの介護資格

高齢化社会が進み、介護職は社会を支える担い手として重要な職業の1つです。求人も多く、就職しやすい職業です。介護職に就きたいという人は就職しやすくなる資格を取得することをお勧めします。介護にはたくさんの資格があります。その介護資格でも一番取得しやすいのが、介護職員初任者研修です。以前はホームヘルパー2級という資格でした。

この介護職員初心者研修は介護の入門的な資格であり、介護の仕事を目指す人が最初に取得をする人気の資格となります。人気となっている一番の理由は取得するのが簡単なためです。座学の講座を受講すれば取得できるためです。ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修という資格に変更になったことで、座学の最後に終了試験が追加されました。しかし、この試験は座学で学んだことの確認テストであるため、そんなに心配する必要はありません。万が一、試験に落ちてしまっても再試験が可能となっています。

この資格を取得することで介護職にも就職しやすくなるのはもちろんですが、給料も資格を持っているのと持っていないのとでは異なります。資格を取るのに費用はかかりますが、給料ですぐ元をとることができます。初めて介護職を目指すという人にはお勧めの資格です。

サイトリンク