高齢化社会を迎え、さまざまな介護資格が制定されているのでその主だったものについて簡単にご説明します。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

3つの介護資格とその特徴

高齢化社会もいよいよ本格化し、それを支える介護スタッフの需要は急速に高まってきています。その求人の数は就職希望者のそれを大きく上回っていることからも人手不足が深刻なことをうかがわせます。国はレベルの高いスタッフの養成が急務と様々な介護資格を制定してきました。ある意味これからの日本の社会を背負っていく分野であるのでその資格について学ぶことは決して無駄なことではないはずです。そこでこれらの資格の主なものについてご説明しましょう。

介護福祉士は、実際に老人や障害者の世話をする介護スタッフのための資格です。現場で働く人間にとって唯一の国家資格で、これを取得すると派遣スタッフであっても仕事が取りやすくなり、正社員の道も開けてきます。一方、社会福祉士は介護福祉士の報告に基づき、介護サービスのプランを立ててそれに伴ってスタッフに指示を出します。言わば管理職にあたり、福祉系で最上位の資格です。また、時には医者などとも連絡を取り、外部関係者との交渉をするのも職務のひとつです。少し毛色が違うのが精神保健福祉士です。介護福祉士と社会福祉士は立場が違うといっても共に福祉全体を対象とした仕事でした。しかし、精神保健福祉士の職務は精神障害者のみに特化しているのです。そのため、より専門的な知識が必要とされます。