この記事は介護資格の種類について書かれた記事です。あくまでも個人が得た情報が主に書かれています。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格の種類について

介護資格と聞いてもどんな物か具体的に思い浮かぶ人はなかなか少ないのではないかと思います。私も介護資格について以前調べてみたことがありましたが、資格にはいくつかの種類があります。その内にいくつかを紹介致しますとまず、介護事務と言う資格があります。この資格を取得するとどんな仕事ができるのかと言うと、介護報酬請求事務と言ういわゆる明細書の作成を行うことが主な仕事内容だそうです。その他にも介護施設での受付や電話対応などが多く行われるそうです。この資格を持っている人の採用も頻繁にあるようで、と言うのも介護施設などが現在増えてきているので資格を持っているのであれば是非、と言う所が多いのでこちらが会社を選んで就職できると言う状況だそうです。またその他に介護福祉士と言う資格もありますがこれは受験するにも資格が必要で、介護福祉士養成施設を卒業しているか、3年以上介護等の業務を行ったことがある人でないと受けることができません。

これは介護に関する資格の中でも特に難しい資格で、高い技術と知識が必要になります。これは国家資格ですので取得できれば今後とても大きなメリットになります。仕事としては介護者に対しての指導を行うことが主な仕事になるそうです。