介護職員初任者研修は、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーなどへの入門的な介護資格です。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護業界でキャリアを築くための介護資格

未経験からスタートして介護業界でキャリアを積みたい場合、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)、実務者研修(ホームヘルパー1級)、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、という流れで資格を取るのが理想的です。一番最初のステップである「介護職員初任者研修」は、介護職員としての第一歩を踏み出すために必要な介護資格になります。その次のステップである「実務者研修」は、2013年度の介護資格制度改正により新しくできた資格です。介護職員初任者研修よりもさらに高度な介護、医学などの知識を身につけられる資格で、医療行為である「喀痰吸引」をすることが可能になります。

次に目指せる資格、「介護福祉士」は国家資格のひとつで、取得すれば介護のプロフェッショナルとして認められます。介護福祉士の試験を受験するには実務経験が3年以上必要です。介護福祉士は一番介護の現場で求められている人材で、求人数も多く、どの求人もとても高待遇です。その次の「ケアマネージャー」は実務経験が5年以上必要です。ケアプランや介護のアドバイスを長年の経験と豊富な知識から行うのが仕事です。介護福祉士になった人が次の目標にすべき資格です。