介護の実務経験や資格がなくても誰でも受験できるのが、介護職員初任者研修や介護事務などの介護資格です。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

未経験でも受験できる介護資格

未経験でも受験できる介護資格には、介護職員初任者研修、介護事務(ケアクラーク)、ガイドヘルパーなどがあります。介護職員初任者研修は、これから介護の世界で働いていきたいなら、必ずとっておいたほうがいい資格です。ホームヘルパーとして無資格で働いている人も、介護職員初任者研修を取得することで給料がアップし、信頼度も上がって仕事が沢山回ってくるようになります。介護職員初任者研修の次には介護福祉士と、介護の世界でキャリアが築けるようになっているのでキャリアアップを考えている人にもオススメです。期間的には最短一カ月あれば取得でき、受講費用は6万円ほどが相場です。

多くのスクールでは、土日コースや平日夜間コースなど、社会人でも通いやすいコースを設けています。介護事務も最近注目度の高い介護系の資格です。介護事務はケアクラークとも呼ばれていて、デスクワークのひとつになります。介護保健からサービスの利用者負担分を計算して、介護報酬請求業務をするのが主な仕事です。また、窓口でお客様の対応に当たったり、電話応対したりと、幅広い仕事があります。介護事務は通信教育だけでも取得可能で、費用は2万円くらい、最短3日もあれば取れます。