就職に有利な資格の中に介護の資格があります。最近では多くの介護資格が出て来たので仕事の幅が広がりました。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

就職に有利な介護資格の種類などについて

介護資格は、現在の高齢化社会において必要な資格であって、持っていると就職などで何かと利点があります。以前は、現場の対応はあまり良く無い印象でしたが、最近では、現場に携わる者への待遇が改善されて来ていて、資格があれば、お給料がアップしたり、また上の資格が取れるように会社が、研修に行かせてくれたりと、キャリアアップやスキルを磨けて、何かと利点があります。資格の種類はたくさんあって、まず、ホームヘルパー、一級と二級があります。これは、現場で仕事をできる資格ですし、特に一級をとっておくと、サービス提供責任者としての立場を得られ、責任を持てるので、重要な存在となれます。二級は取得が簡単で有るという利点がありますし、もちろん現場でも仕事ができますが、やはり実力者となりたければ、その上の一級及び介護福祉士を取るのが有利です。

介護福祉士は、現場の業務全般を行えますし、重要な職責につかせてもらえる利点があります。現場で、五年ほど実務経験を積めば、その上の、ケアマネージャーの資格を取れますが、この仕事は、事務仕事などが多くなりますその他の種類として、介護事務、ガイドヘルパー、社会福祉士、福祉用具専門相談員などの種類があります。自分のやりたい仕事にあわせて取得してみるといいでしょう。