高齢化が進む中、介護の担い手である介護資格を持つ人材は時代の要請により育成が急務といわれています。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格は将来性のある資格です

日本は超高齢化社会に突入し、一人の生産年齢層が複数の後期高齢者を支えなければならに時代となりつつあります。また、核家族化により、家族の世話にはならずに自律した生活を送りたいという高齢者も増えており、制度として介護サービスを利用しようと決めている人も多くなっています。かつては妻や嫁、娘という立場の女性たちが介護の多くを担ってきました。介護保険が浸透し、福祉サービスの利用は恥ずかしいことではなく、権利として活用されています。そんな時代の要請にこたえるべく介護資格を持った人材の育成が急務となっています。

介護資格の中でもケアマネジャーなど都道府県知事の認定資格を取得し、更新のための講習を受けなければならないものから、行政などの規定の講習を修了すれば取得できる独自の認定資格などがあります。資格によって担える業務の内容、仕事の単価などに違いがあります。求人は介護福祉施設の増加とともに増えていますが、どんな業務もつぶしのきく資格ほど求人は多いです。高齢化の状況からみても、介護資格取得者の需要が減る要素は見当たりませんので、長く働きたい人には最適です。ただし、対人関係が不得意な人には向きませんので、その点には注意が必要です。