高齢者の日々のお世話をする仕事に必要な資格を介護資格と言います。今の社会、そして福祉施設で必要な資格です。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

高齢者のお世話に必要な介護資格

高齢者の日々のお世話に必要な資格を介護資格と言います。多くは老人介護と言う捉え方になります。どなたでも取得できる資格ですが専門的な技術を取得すると言う事になります。他の分野の資格とは異なり、人間相手、しかも高齢者相手の資格と言う事になります。身体を自由に動かせる事が出来ない高齢者、トイレにも行くことが出来ない高齢者、食事を一人で出来ない高齢者、着替えも出来ない高齢者を相手に専門的な知識と技術を習得すると言う資格になります。しかも、高齢者に対して、日々、安心なそして安全で楽しい時間を費やして戴くと言う、サービスを提供する資格でもあるのです。

そのために資格取得のために一定の期間を経て講習を受けます。つまりはこれが介護資格の最初の課程で、ホームヘルパーと言う資格が介護資格の最初の名称となるのです。4か月の講習を経て介護資格を取得する事が出来るのです。通信、座学、実習を経て初めて事業所での本格実習を踏まえて介護資格を取得できるのです。その後、資格保持者であれば、大凡の介護施設に職員として入職出来る事になります。それと同様に介護資格取得者は事業所並びに福祉施設としても、今や引っ張りだこと言うくらいに人材を必要としているのです。今後の社会、高齢者が増加傾向で必要になってくる資格だからです。

サイトリンク