学生時代に学校で介護資格を取得できるように学びの時間をとるような形を国が整えるとよいと思います。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

学制時代に介護資格を取得する制度を作るとよいと思います

今の時代誰しも介護資格を取得するとよいのではないかと思います。学生時代に学校で取得をされるように学びの時間をとるとよいのではないかと思います。中学生のときに授業で勉強するとよいのではないでしょうか。中学生というと、大人へと成長していく時期ですが、いろいろもやもやして反発してしまう時期でもあると思います。そういったときに、高齢の方と交流を持つのはとてもよいことだと思います。実際に高齢の方と接するのと接しないのではかなり違ってくると思います。高齢の方と接するというのは或る意味死を意識することでもあるし、人間ができないこともあるということを知ることでもあります。昔は高齢者と住むのは当たり前でしたが、今はそういった環境にある人は少ないです。

高齢者と接することによって考え方が広がるし、高齢者をサポートすることで自分の存在意義も実感できるのではないでしょうか。これから高齢者社会となっていくので、誰もが介護ができるようになっておく必要があると思うし、ボランティアで学生が介護に加わると、介護の世界も助かると思うのです。国の制度としてそういったことを考えてみるとよいのではないかなと思ってしまいます。大切なことです。