介護資格を取得して、介護福祉士になろうと思っても、介護福祉士とは、どのようなお仕事なのでしょうか。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格を取得して、介護福祉士になろう

将来は、福祉の勉強をして、介護資格を取得したいと思っている人は、介護福祉士になる事をおすすめ致します。ですが、介護福祉士とは、一体どのようなお仕事なのでしょうか。介護福祉士とは、高齢者や障害のある人への介護をする事が、主な仕事となります。ですが、ただ食事補助や入浴補助といった、利用者の介護をするだけではありません。きちんと、その人の生活全般を理解して、捉えていかなくてはいけないのです。ですので、その利用者の人権や自立をきちんと尊重して、その人らしい介護をしてあげなくてはいけません。決して、自分のやりたいように介護をしてはいけないというのが、介護福祉士として重要な事なのです。

そのために、特に介護福祉士に求められるのが、コミュニケーション能力と技術力になります。言葉で上手に伝えることが出来ない高齢者や障害者とのコミュニケーションは、言語によるものだけではなく、時には身振りやボディタッチ、コミュニケーションボードなどを使って、積極的にコミュニケーションをとって行かなくてはいけません。そうしなくては、利用者との間に、信頼関係を築くことが出来ないからです。介護福祉士になるには、沢山の勉強をして、資格を取得しないといけませんが、それ以前に、コミュニケーション能力が問われる仕事なのです。