介護職員初任者研修とは、介護をするうえで入門ともいえ、最初に取得を目指す人が多い介護資格です。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

働くために必要な介護資格、介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは、最初に取得を目指す人が多い入門ともいえる介護資格です。本来はホームヘルパー2級という資格でしたが、これは2013年4月に廃止されて介護職員初任者研修に移行されました。背景として、近年の高齢化による介護の重要性が挙げられます。高齢者が増えたため、介護の重要性が見直され、介護の知識も能力もより高いものが必要となり、介護資格の内容も見直されたということです。

介護の業界は、介護資格の有無により給料も業務内容も異なります。無資格でも働いている人もたくさんいますが、介護職員初任者研修を取得している人のほうが無資格の人よりも月2〜3万円程給料が高いと言われています。また、さらに上位の介護資格である介護福祉士を取得するには3年以上の実務経験に加え、介護職員初任者研修、実務者研修の資格を取得する事が必須となっています。なので、介護福祉士を目指す人が、そのステップとして、まずこの介護職員初任者研修を受講するため、人気の資格なのです。

介護職員初任者研修は、最短1〜2ヶ月で取得できます。スクーリングや通信講座の計130時間の研修を受講し、最後に修了試験に合格すれば資格取得となります。修了試験はホームヘルパー2級の時には無く、新しく導入されたものですが、確認テストレベルの簡単な筆記テストのため、合格率は90%以上と言われています。介護の仕事をするなら、まずは介護職員初任者研修の介護資格を取得するといいでしょう。