介護資格というと、代表的な物は介護福祉士と介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)があります。

介護資格はたくさんあり
介護資格はたくさんあり

介護資格はたくさんあり

現在の介護資格の代表的な物は、介護福祉士と介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)です。どちらも、介護現場への就職の際に、募集条件に入っていたり、資格手当てがあるなどの待遇が受けられる、就職後も業務内容に差があったり、昇格などに影響したり、介護現場では有力な資格となってきます。

介護職員初任者研修は、以前はヘルパー2級と言われて主婦の方でも取れると有名になった資格です。まず、この資格を取る方が多いかと思います。そして、大学や専門学校に入って介護福祉士を取る若者が多いです。介護福祉士は、実務経験を積んだ上での資格取得の受験ができるので、現場で長く働いている方なら、取った方がいいと思います。

どちらも、主に介護技術(実技や実習)と援助の理論など(座学)がセットとなった学習と試験が必要となってきます。資格取得のための専門学校や大学も多くあります。少子高齢化の影響と介護現場での人手不足が騒がれ、求人も多くあり、食いっぱぐれがない仕事と言われ注目を集めていることもあり、資格取得を目指す人も増えているのではないでしょうか。しかし、どちらも、業務独占ではなく、名称独占の資格なので、資格がなくても、介護で働けるのが今の現状です。

サイトリンク